音楽療法とは、「音楽のもつ生理的、心理的、社会的働きを用いて、心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容などに向けて、音楽を意図的、計画的に使用すること」をさすものとする(日本音楽療法学会)

 

と、定義されています。

現在、成人~高齢者の方への音楽療法は様々な場所で行われていますがまだまだ少ないのが現状です。

高齢者のセッションは、大きな障子紙に歌詞を書いています。

それは、歌詞をみながらしっかり顔を上げるという目的があります。

また、季節に合わせた内容のなかで実際に触れて季節を感じていきます。